FC2ブログ

ネットワークビジネス 破産相次ぐ国産MLM企業 - インターネット在宅副業でセミリタイアを実現させた、夢実現の必勝法!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネス 破産相次ぐ国産MLM企業

考える

大手の外資系MLM企業・ネットワークカンパニーではなく、
日本の企業が作った国産ネットワークビジネス
相次いで破綻していると耳にします。

それらの国産MLM企業の多くはメーカーではなく、
他社商品やOEM製品の取り扱いまたは
情報通信系などのネットワークが多いようです。

メーカーでないということは、
売上に占める原価率が高くなるため、
必然的に還元率が低くなり、
また会社の資金力が乏しい場合も多く、
高額な加盟金(あるいは初回製品代にしては高額な料金)
をとってそれを分配する会社が多いようです。

そしてメンバーの収入のほとんどが商品・サービスの流通からでなく、
加盟金の分配によるものとなりがちなようです。


この形態はそのビジネスモデルが成功し、
ビジョン通りになると流通から
健全な収入が発生することになりはしますが、

多くの会社では計画通りの流通があまり起こらず、加盟金の分配が主になっているようです。


この収入は当然、毎月新規加盟者がいる間は発生しますが、
一回きりの労働収入です。

そして権利収入を生むはずの
毎月の流通は結局起こらないまま
破綻する会社が多いようです。


また、それらの会社の多くは資金力に乏しいため、

高額な加盟金に加えて、毎月の権利金・ロイヤリティーなどを取り、
それを分配する場合もあるようです。

(つまり、愛用者がほとんどおらず、ビジネスメンバーのマネーゲーム
となっている場合が多いということです。
当然、末端では多くの被害者を生みます。)

ねずみ講とMLMにあるように、

このような国産ネットワークビジネス企業の中には
商品・サービスが流通していなく、
ねずみ講と看做され逮捕者がでる事態になる場合も
あるほどなので参加する前にどのような会社か、
ビジネスモデルは実現可能なものなのか、
検証してから参加したほうが無難でしょう。


そのような中で、『ネットワークビジネスに最初から興味がある人』にだけ声を
掛ける事が出来れば成功する事はそう難しい話ではありません。


実はインターネット上にはネットワークビジネス成功したい人はいくらでもいます。
ネットワークビジネス市場は日本で600万人もいるのです。
そのような方に声を掛ける事が出来れば、どうでしょうか?
実はその仕組みを作るのはそんなに難しい事ではありません。



スポンサーサイト
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://kame2755okuda.blog.fc2.com/tb.php/194-ab701913

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。