FC2ブログ

ネットワークビジネス 成功するために何を代償にしていますか? - インターネット在宅副業でセミリタイアを実現させた、夢実現の必勝法!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットワークビジネス 成功するために何を代償にしていますか?


朝食会 

今日は、成功のために、なすべきことを
お話したいと思います。

それは、遊びを辞めることです。



本当に成功したいのであれば、代償
差し出さねばならないことはみんな、
うっすらと知っています。



しかし、本当に代償を差し出している人は、
実はほとんどいません。


なぜなら、代償の意味を分かっている人が
まず少ないのと、さらには、その代償に伴う痛みを
怖がっている人が多すぎるからです。



まず、代償の意味を説明したいと思いますが、
これは、今自分が楽しいと思っていること、
心地よいと思っていること、大切だと思っているものなど、
非常に自分にとって価値のあることやものを指しています。




そして、その代償を失う、辞めるときには、
それ相当の痛みを伴います。


まず、イメージ的には8割の人が、代償の定義を間違っています。


もしくは代償を意識していないということが問題です。



自分にとって「あっても、なくてもどちらでも良い」
ものを差し出しても、何も変わりません。




例えば、今自分が非常に大事だと思っている家や車などがあれば、
それを売り払って資金に変え、投資することこそ、代償です。




また、自分が誇りに思う会社を辞めて時間と自由という
最も優れた経営資源を手に入れることこそ、代償です。




さらに言えば、楽しい趣味や遊びを断ってこそ代償です。



それが例えば、少しぐらいのお金を使って接待をしたぐらいでは、
もちろん代償にはなりません。




代償は大きな痛みと感慨を呼ぶものです。




それを失った後、心の中にぽっかり穴が空いてしまうくらいの
虚無感を感じるものなのです。




代償の定義が明確になっている人でも、いざ、それを差し出す
場面になると怖くて、差し出すことはできなくなります。




イメージ的に言うと99%ぐらいの人たちです。



ご推察の通り、残りの1%は、自らに痛みを伴う代償を
決断して差し出し、成功の果実を得ます。



ゆえに、私は、成功したいと固く誓った人には、
いつも教えていることがあります。
それは、遊びをやめろ、というものです。





人間だれしも今ある限られた時間と金銭の中で
できるだけ楽しもうとします。

ですから、レジャー施設やショッピングモールは
今も休日には繁盛しているわけです。



しかし、成功したいと思っているのに、休みの日に
ショッピングモールに行っているようでは、
成功は程遠いと断言できます。



私は、至極当然、当たり前を極めたようなことを言っていますが、
ふと世の中を見渡してみれば代償を差し出して今もなお,
必死に行動している人は非常に少ないことがわかります。


そこが差となります。

成功前夜と遊びは両立せず。



今あるお金・時間でどうしても遊びたいのか、
それとも成功したいのか、
これはもはや二者択一であると思います。



代償は遊びのみならず、時間を使っている物事も差しています。



多少面倒ですが、1週間をまずいつも通り過ごしてみて、
一体自分が何に何時間を使っているか分類をしてみると良いです。


すると、非常に時間を多く取っている物事が浮上してきます。



それは、テレビかもしれませんし、雑談かもしれませんが、
いずれにせよ、それらが楽しいかどうかを聞いているのではありません。



テレビがいくら楽しくても成功したいという二者択一の内の後者を
選ぶのであれば、それは、切るべきなのです。



時間ができても何をしたらよいかわからない、という問題を提起する人が
いるかもしれませんが、それで良いのです。



その空いた時間が、新しいあなたを作ります。



富は暇からできる、と思っていますが、実際に、多くの荷物を抱えた
現代人に成功は非常に難しいと思うべきです。



時間を空ける、束縛から解放される、これが成功前夜のあるべき姿です。



だから、本当に成功したいのであれば、遊びを辞めて、束縛から解放をされて下さい。


そのために、苦しむのであれば、それは代償です。


この後にようやく長い航海がスタートします。



なお、すでにある程度成功している人は、次の成長を目指すためには、
やはり代償が必要となります。



代償は、差し出したその大きさにおおよそ比例するのと、
新たな成果には新たな代償が必要になるという極めて
普遍的な特徴を持っています。



代償を特定し、勇気を持って差し出した人で逆に失敗した人を見たことがありません。



ただし、金さえ出せば代償だと思っているのとは異なります。



金の拠出は代償としては極めて弱いレベルだということです。


      *           *           *                      

*            *          *            *



ところで、話が変わるのですがネットワークビジネスをインターネット
展開できたら口コミの展開より組織の構築が早くて楽だと思いませんか?

インターネットで募集するだけなので、友人や親戚、知人を
勧誘しなくてもいいんです。勧誘行為は一切なく、
今の人間関係を壊しません。

日本全国の人だけでなく海外にいる日本人の方を相手にするので人脈が
尽きることがありません。

しかも、ネットワークビジネスに興味のある人が寄ってくるので
勧めやすいんです。

プレッシャーやストレスがなく、とても気が楽です。

パソコンとインターネットができる環境さえあれば、
すぐに始めることができる在宅ワークです。





スポンサーサイト
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    http://kame2755okuda.blog.fc2.com/tb.php/333-f4f71847

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。